スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△ 編集
  第5章 棚卸資産  -  2005.12.16.Fri / 10:48 
【棚卸資産会計のPoint】
①取得価額の決定
②売上原価または消費原価の計算
③期末有高の計算



【売上数量または消費数量の計算】
逆計算法総益テスト
①製品完成数量と原材料消費量との比率、②売上高と売上原価との比率が常に、またはほぼ一定であるような場合には、その比率と製品完成数量または売上高から、①原材料の消費数量および期末数量、②商品などの売上原価および期末有高を推定することができる。
①が逆計算法(参照:ローラー第2回の仕訳問題)
②が総益テスト
1単位当たりの製品の生産に要する原材料の標準消費数量×製品の実際出来高=原材料の推定消費量・・・A
期首数量+当期仕入数量-推定消費量=推定期末数量・・・B

A式で原材料の推定消費量を算出
     ↓
B式で原材料の推定期末数量を計算



【低価基準の適用によって生ずる評価損の処理】
①売上原価に含める方法②営業外費用とする方法

①売上原価に含める方法の論拠について。
低価基準の適用によって生ずる評価損は、販売を目的として保有する資産から生じたものであるから、販売による収益、すなわち、売上高に負担させるべきである。

②営業外費用とする方法の論拠について。
低価基準の適用によって生ずる評価損は、市場価額の下落という企業の主目的たる営業活動とは関係のない原因によって生じたものであるから、営業外費用とすべきである。


スポンサーサイト
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 TIME 

 COUNT DOWN 

 CALENDAR 

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 全記事(数)表示 

全タイトルを表示

 PROFILE 

mickey

Author:mickey
論文で散りました。
来年で決めます!

 RECENT ENTRIES 

 お気に入り 

 電卓 

電卓

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 ブロとも申請フォーム 


CopyRight 2006 会計士受験日記 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。