スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△ 編集
  第1章 序論  -  2005.12.13.Tue / 09:44 
常に念頭におくこと
①会計上の概念はどのように理解され、会計処理の原則・基準および手続きなどはどのようになっているか。
②なぜ、そうなのか。
③果たしてそれでいいのか。



【企業実体の公準】
企業観に深いかかわりあいをもつ。
形式的:記録・計算を行うために会計単位が設定されるという前提。
実質的:企業は株主から独立した別個のものと考えるという前提。

企業は資本主の集合体→資産-負債=資本
企業は資本主から独立した別個のもの→資産=他人資本+自己資本


【継続企業の公準】
資産を原価基準によって評価する1つの支えとなっている。
形式的:期間計算が行われるという前提。
実質的:会計上の評価や処理はすべて、継続企業の立場から行われる。

(例)固定資産のB/S価額


【貨幣的評価の公準】
形式的:記録・測定および伝達のすべてが貨幣額によって行われるという前提。
実質的:貨幣価値が安定しているという前提。


スポンサーサイト
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 TIME 

 COUNT DOWN 

 CALENDAR 

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 全記事(数)表示 

全タイトルを表示

 PROFILE 

mickey

Author:mickey
論文で散りました。
来年で決めます!

 RECENT ENTRIES 

 お気に入り 

 電卓 

電卓

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 ブロとも申請フォーム 


CopyRight 2006 会計士受験日記 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。