スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△ 編集
  梅2  -  2005.12.12.Mon / 10:09 
伝統的な操業度差異の分析は、【①】における製品原価計算に引きずられた方法であり、計画や統制用のデータとしては役に立たない。
具体的には、操業度差異を【②】で評価する点に問題がある。

【②】は、製品原価計算のために固定費を人為的に変動費化したものであり、これによって評価した操業度差異は製造間接費の真の損失を示すものではない。

問題なのは生産能力の未利用によって失われた機会であり、業績評価用の操業度差異は機会原価としての【③】によって評価されるべきである。

この分析は、もはや【①】の枠を超えて、【④】の予算・実績差異分析になる。

ただし、制度上は機会原価ではなく【⑤】による計算が要求されるため、原価計算制度の枠内でこのような分析を行うことはできない。


①全部原価計算
②固定費率
③貢献利益
④直接原価計算
⑤支出原価


スポンサーサイト
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 TIME 

 COUNT DOWN 

 CALENDAR 

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 全記事(数)表示 

全タイトルを表示

 PROFILE 

mickey

Author:mickey
論文で散りました。
来年で決めます!

 RECENT ENTRIES 

 お気に入り 

 電卓 

電卓

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 ブロとも申請フォーム 


CopyRight 2006 会計士受験日記 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。